FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012年4月28日鎌倉見学会

2012/04/29
昨日研究室で鎌倉見学に行きました。
晴天に恵まれ、太陽の日差しが暑いくらいな日和でした。

当日は10時に鎌倉駅に集合し、段葛を通ってまず鶴岡八幡宮に向かいました。
2年前に倒れた鶴岡八幡宮のイチョウの様子を見てみると、まだ今年の葉を出してなく、元気でないように見えました。

鶴岡八幡宮を後にして、頼朝のお墓、荏柄天神社を見学しました。
荏柄天神社は三天神社の一つで、菅原道真公をお祀りする神社です。本殿の前には大きなイチョウが生育していることと、梅を模ったかっこいい彫り物が門にあったことが印象に残りました。

ブログ用1

次に鎌倉宮に向かい、そこでお昼を食べました。
鎌倉宮は大塔宮護良親王をお祀りする神社です。この神社の鳥居は全体が白色で笠木の部分が赤色である珍しい配色をしており、この神社の特徴的存在だと感じました。

ブログ用3


休憩してから、瑞泉寺を目指しつつ、途中、杉本寺に寄りました。
本堂が高床式で藁葺き屋根の古いつくりをしている変わったお寺でした。

ブログ用4


その後、道に迷い、途中で永福寺跡を見学し、ようやく瑞泉寺に到着することができました。
瑞泉寺は鎌倉時代の庭園です。夢窓疎石が作庭したとされています。岩盤をくりぬき、修行の場所とした庭園だそうです。その岩盤の正面に貯清池があり、正面右手の滝が、池に注いでいます。私はダイナミックなその情景に圧倒されました。
「庭と呼べるほどの庭ではない。自然の利をそのままとりいれた小さな庭」だと言われるとおり、一見するとこれは庭なのかと思ってしまいます。修行の場として禅の思想を表した庭であるから、このように植え込み、石組などない、必要な自然要素だけを用いた庭となったようです。

ブログ用2


瑞泉寺を見学した後、鶴岡八幡宮まで戻り解散となりました。
今回は参加者は18人とたくさん集まることができた見学会でした。
鈴木先生、服部先生、本日はお忙しい中この見学会にご参加くださりありがとうございました。

これから毎月一度は見学会を研究室で開催します。
景観政策学研究室/ガーデンデザイン研究室の室員は参加自由です。


四年 菊池
スポンサーサイト



16:13 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »